AIに取って代わられる仕事:経理・会計士

『将来AIに奪われる仕事・なくなる仕事』といったタイトルの特集記事を読んでいると、「やっぱりこの仕事はなくなるよね〜」というものがぞろぞろ出てきます。
 
例えば比較的単純な作業で成り立っている接客係や販売員。
 
確かにこれなら今でも置き換えができそうです。
 
廻る寿司もかなり以前からタッチパネルで注文ができるようになっていました。
 
しかしリストを読み進めていくと、、、しっかり入っていましたね、経理や会計士のお仕事が。苦笑
 
確かに決算で大量の仕訳承認をしていると、日付と科目が正しいか、金額が請求書と一致しているかくらいしか見ていません。
 
こんなのはまさにAI好みのお仕事です。
 
これを脅威と捉えるかチャンスと考えるかは人によって違います。
 
現実にはAIに取って代わられて失職に追い込まれる人もいるでしょう。
 
こういっためんどくさい単純作業はAIに任せて、もっと生産的なことをしたいと考える人もいるはずです。
 
とは言え、現状ではAIに取って代わられる時期がいつになるのか分かりません。
 
そこで全面AI化されるまでの過渡期における、経理スタッフ・会計士の心構えを考えてみました。

仕訳入力の仕事は若いうちに

ハッキリ言います。仕訳入力は単調です。量があると苦痛です。何回もやると飽きます。
 
これが人間向けの仕事ではないということは全面的に同意です。
 
だからこそ、これができるのはまだ何物にも染まっていない新人のときだけ。
 
現実の新入社員は「こんなつまらない仕事はやりたくない」と、はなっから単純作業を拒否する人もいるそうですが、この記事を最後まで読んだら仕事への取り組み方も変わってくるかもしれません。
 
と言うのも、一度は手を動かして会計システムの構造や理屈を知っておくのが、後々のステップで効いてくるからです。

ブラックボックス化したシステム数値を分析する

現在の会計システムは簿記の授業で習ったようなやり方で作られてはいません。
 
一つの会計システムの中に、現金を記録するだけのプログラム、販売を記録するだけのプログラム、請求書の入力と支払いだけを記録するプログラム等々があって、それをうまくつなぎ合わせることで、決算書ができるというイメージです。
 
こういうふうにプログラムを分割した方が、経理部の中で役割分担しやすいというのもあれば、この方がコンピューターにとって処理しやすいというのもあると思います。
 
要は一部を見ても全体が分からないんです。
 
会計システムは既にブラックボックス化しています。
 
ブラックボックスから出てきた数字が正しいかどうかは、数字ができてから確かめるしかなくなりました。
 
授業で習ったことや実際に手を動かして学んだ経験を駆使して、出てきた数字が正しいかどうかを確かめる、これが人間の仕事として残っています。   

システムを作る側に回る

会計システムがブラックボックス化しているといっても、それを作る人はいます。
 
であれば思い切ってシステムを作る側に回るというのはどうでしょうか?
 
正直日本のシステムエンジニアの待遇はあまり良くないと思います。
 
クライアントに入り込んで仕事をしている人でも、扱いは下請け業者みたいなもんですしね。
 
けれどTPPもあり、今後ますますサービスのグローバル化が進むと予想されます。

そうなれば、海外の高いレートでシステムエンジニアのサラリーを支払わざるを得なくなるでしょう。
 
人数を見ると、会計システムを作る人>>>会計システムを使う人、なんですから、希少価値だけを考えても『作る人』の給料が高くなるのは当然。
 
今、経理スタッフが勉強すべきなのは簿記1級ではなく、プログラミング・スキルかもしれませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です