2019年8月9日の株式含み益は641万円でした

年初からの実現利益は、205,548円、
年初からの配当金は、31,400円です。

400万円台で足踏みしていた含み益が、500万円台を飛び越して一気に600万円台になりました。
巷では、特にFX界では阿鼻叫喚の地獄絵図が繰り広げられています(億単位の損切りをしてまだ生き残っている人も!)
私の場合、含み益がジャンプアップしたのは、唯一持っている米国株のおかげ。第2四半期の好決算を受けて、株価が一晩で18%上がりました。
為替の影響でだいぶ目減りしている部分もあるんですが、それ以上に株価上昇のパワーが強く、このような結果となりました。

日本株もなんとかプラスで持ちこたえています。
先週今週と決算発表を迎えた銘柄が、割と株価を上げてくれたおかげです。
決して良い決算ではないのですが、元々の予想が固く見積もり過ぎていたせいで、蓋を開けてみると「それほど悪くない」数字ができあがったようです。
アメリカだけでなく日本も割と内需がしっかりしていて、そこまで中国に引っ張られることもないのにな、とは思っているんですけどね。
とは言え全体的に見てそれほど市況が良くないのも事実なので、買う場合は慎重に進めていきたいと思います。

【今週の教訓】渋すぎる業績予想も困りもの

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です