2019年6月28日の株式含み益は391万円でした

年初からの実現利益は、172,560円、
年初からの配当金は、31,400円です。

株は下がるときはダラダラと下がり続けるのに、上がるときは一気ですね。
去年4桁万円の利確をして以来刺激が少なくなり、このブログに投資結果をメモし始めたんですが、メモを公開して以来で最大額の含み益です。
実はそれ以降買った株は軒並み含み損を抱えており、何もしなかった方が儲かっていたのでは?という気もしないでもないですが、今週は配当金もちょこっと入ってきたりで、ホクホクした気分でこの文章を書いています。

1週間で90万円近い含み益を上積みできたのは、ひとえに保有する米国株のおかげ。
このところの円高で若干目減りしていますが、ドルベースでは平均取得価額のほぼ倍までいきました。
この間3年。ようやくペースに乗ってきた感じです。

丁度今日、大阪で開催されていたG20が閉幕し、米中貿易協議に関するポジティブな発言が聞こえてきました。
これが平日ならマーケットはとんでもなく過敏な動きをしたでしょうが、残念ながら今日は土曜日。
明日の日曜、まだトランプちゃんが爆弾を投下する可能性が残っています。
それさえ乗りきれば月曜の東京市場は朝からニヤニヤが止まらない展開になりそうですが、はたしてどうなりますやら。
FXやCFDは全て手じまっておりますので、現物株だけの勝負です。
私としては、まだ警戒を解いたわけではないので、良い感じに含み損がなくなった銘柄は潔く損益を確定させ、ポジションを減らすことも考えていきたいと思います。

【今週の教訓】米朝貿易協議は「再開」しただけ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です